2020年1月から話題になった新型コロナウイルスの人から人への感染があっというまに全世界を襲いました。日本においても4月7日から5月6日まで、大阪府を含む7都府県を対象に、初めての緊急事態宣言が安倍首相から発表されました。(現在は全都道府県に拡大されています)なかでも国民に対して「密閉」「密集」「密接」という「3密」の回避及び人が密集する経済活動に対して休業をするよう強い自粛要請がありました。
上記の要請を厳粛に受け止めて、手洗いやうがいはこまめにおこない、外出するときは必ずマスクを使用しましょう。

 
新型コロナウィルスは、症状の続く期間の長く風邪やインフルエンザによく似ており、無症状の方でも陽性になり本人が知らないうちに、他人の人へ感染させていることが問題となっています。
重症化すると発症から短い期間で肺炎の症状(咳・痰・呼吸困難など)がでてくるので、非常に恐ろしい病気といえます。
国民の誰一人とも経験したことのないこの現状を、元の生活に早く戻すには何よりも人と接触を可能な限り抑えることが大切です。
人類がこの危機をのり越えるためにも、緊急事態宣言中は自宅で過ごし1日も早く収束になりますように祈るばかりです。