あおり運転(妨害運転)は、重大な交通事故につながる極めて悪質・危険な行為です。
車を運転する際は、周りの車等に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちをもって
安全な速度・方法での運転を心掛け、十分な車間距離を保つとともに、
不要な急ブレーキや無理な進路変更等は絶対にやめましょう。

令和2年6月10日に公布された道路交通法の一部を改正する法律により
あおり運転(妨害運転)に対する罰則が創設されました。
これにより、令和2年6月30日から、ほかの車両等の通行を妨害する目的で、
急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反を行うことは、厳正な取り締まりの対象となり、
最大で懲役3年の刑に処せられるととなりました。
また、妨害運転により著しい交通の危険を生じさせた場合は、
最大で懲役5年の刑に処せられることとなりました。
さらに、妨害運転をしたものは運転免許を取り消されることとなりました。

妨害運転として以下の10項目の具体的な違反行為が新たに規定されました。

ネクストHP3