令和3年2月19日 全国に社会保険労務士といわれる方は約4万数千人程(注1)おられますが、
今回は奈良県の社会保険労務士の先生方の資質向上のために毎年行っている必須研修に
ネクストグループの石黒会長が講師として参加させていただきました。
今回のテーマを4つご紹介いたします。

1つ目は同一労働・同一賃金の判例   あすか法律事務所   西村 甲児弁護士
2つ目はわが社の働き方改革      三和ゴム工業株式会社 太田 嗣郎社長
3つ目は人勢育成と助成金活用     ネクスト株式会社   石黒 登社長
4つ目は高齢者雇用の安定法改正の概要 奈良県労働局担当官  東林 勝美氏

それぞれに、世の中の社会情勢に沿ったテーマだと思います。
当社の代表は人材というお話が中心になりましたが、
事業を継続するにあたり「人」・「物」・「金」とよく言われています。
特に、「人」というのが会社を作り上げ、未来につなげていくことができる
一番重要な要素であると強調されておられました。

 

(注意1)2019年調査で連合会に登録されている数字となります。

奈良県社会保険労務士会

2 3 5. 6. 7 8 9